HER2を標的とした二重特異性抗体ZW25が、HER2を過剰発現した胃食道癌などに有効である可能性が明らかとなった。フェーズ1試験の拡大コホートで、一部の患者で抗腫瘍効果が確認されたもの。11月13日から16日までアイルランド・ダブリンで開催されているthe EORTC-NCI-AACR SYMPOSIUM “MOLECULAR TARGETS AND CANCER THERAPEUTICS”(EORTC-NCI-AACR2018)で、米The START Center For Cancer CareのM. Beeram氏によって発表された。

HER2標的二重特異性抗体ZW25がHER2過剰発現の胃・食道癌などに有効である可能性【EORTC-NCI-AACR2018】の画像

ログインして全文を読む