米Bristol-Myers Squibb社は11月6日、骨髄腫細胞に発現するSLAMF7に対する抗体エロツズマブとポマリドミド、低用量デキサメタゾンの併用療法(EPd療法)について、少なくとも2種類の全身療法歴のある再発、難治性多発性骨髄腫を対象に米食品医薬品局(FDA)から承認を獲得したと発表した。

再発、難治性多発性骨髄腫を対象にEPd療法が米国で承認の画像

ログインして全文を読む