日経メディカルのロゴ画像

転移のある前立腺癌でアビラテロン+プレドニゾロン+ADTはリスクや腫瘍量に関わらず生存を改善【ESMO2018】

2018/10/24
八倉巻尚子=医学ライター
転移のある前立腺癌でアビラテロン+プレドニゾロン+ADTはリスクや腫瘍量に関わらず生存を改善【ESMO2018】の画像

 転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)に対し、アビラテロンとプレドニゾロン、アンドロゲン除去療法(ADT)の併用療法は、リスクの違いや腫瘍量の違いに関わらず、生存を改善することが、STAMPEDE試験のデータを用いた解析で明らかになった。英国Christie Hospital / Salford Royal HospitalのAlex P. Hoyle氏らが、10月19日から23日までドイツ・ミュンヘンで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2018)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ