ドイツBoehringer Ingelheim社は10月19日、EGFR変異を有する非小細胞肺癌を対象に、実臨床において1次治療でアファチニブを投与し、T790M変異が発生した患者に2次治療としてオシメルチニブを投与した場合の、治療期間の合計を調べるレトロスペクティブな研究であるGioTag研究の結果を公表した。研究の結果はFuture Oncology誌に同日掲載された。

実臨床において1次治療でアファチニブ、2次治療でオシメルチニブを投与した場合の投与期間中央値は27.6カ月にの画像

ログインして全文を読む