武田薬品工業と米Seattle Genetics社は10月2日、未治療のCD30発現末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)に対して、ブレンツキシマブ ベドチンと化学療法の併用療法が、標準療法であるCHOP療法(シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン併用)よりも統計学的に有意な無増悪生存期間(PFS)の延長を示すことができたと発表した。無作為化二重盲検多施設共同国際フェーズ3試験ECHELON-2の結果、示されたもの。詳細は、12月に開催される米国血液学会(ASH2018)で発表される。

CD30発現PTCLの1次治療でブレンツキシマブ ベドチンと化学療法の併用療法は標準治療よりも有効の画像

ログインして全文を読む