ALK阻害薬未治療のALK転座陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、brigatinibはクリゾチニブよりも有意に無増悪生存期間(PFS)を延長できることが明らかとなった。特に脳転移に対する効果が高かった。brigatinib投与群とクリゾチニブ投与群を比較した無作為化フェーズ3試験ALTA-1Lの、事前に設定された初回の中間解析で示された。9月23日から26日までカナダ・トロントで開催されているIASLC 19th World conference on Lung Cancer(WCLC2018)で、米University of Colorado Cancer CenterのRoss Camidge氏によって発表された。

ALK阻害薬未治療のALK陽性NSCLCでbrigatinibはクリゾチニブよりも有意にPFSを延長、脳転移に高い効果【WCLC2018】の画像

ログインして全文を読む