未治療の進展型小細胞肺癌(ES-SCLC)に対して、抗PD-L1抗体アテゾリズマブと標準化学療法の併用は、プラセボと化学療法の併用よりも有意に無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)を延長することが明らかとなった。フェーズ3試験IMpower133の結果、示されたもの。9月23日から26日までカナダ・トロントで開催されているIASLC 19th World conference on Lung Cancer(WCLC2018)で、米Georgetown UniversityのStephen V Liu氏によって発表された。

未治療の進展型小細胞肺癌へのアテゾリズマブと標準化学療法の併用はOSとPFSを有意に延長【WCLC2018】の画像

ログインして全文を読む