進行悪性胸膜中皮腫(MPM)に対する1次治療として、抗PD-L1抗体デュルバルマブとシスプラチンとペメトレキセドの併用療法は抗腫瘍効果があり、忍容性も認められることが、単群、多施設共同のフェーズ2試験DREAMの最終解析から示された。9月23日から26日までカナダ・トロントで開催されているIASLC 19th World Conference on Lung Cancer(WCLC2018)において、オーストラリアUniversity of Western AustraliaのAnna K. Nowak氏が発表した。

進行悪性胸膜中皮腫の1次治療にデュルバルマブ+シスプラチン+ペメトレキセドが有望【WCLC2018】の画像

ログインして全文を読む