第3世代ALK/ROS1阻害薬であるロルラチニブが、ROS1融合遺伝子陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)に有望であることが明らかとなった。ALK転座陽性またはROS1転座陽性の進行NSCLC患者を対象に行われているフェーズ2試験のROS1陽性患者のコホートで有望な効果が認められた。またクリゾチニブ既治療、未治療のどちらの患者でも急速で持続的な抗腫瘍効果が認められた。評価された人数は限られるが脳転移への有効性も示された。

第3世代ALK/ROS1阻害薬であるロルラチニブがROS1陽性進行NSCLCに有望【WCLC2018】の画像

ログインして全文を読む