進行肝細胞癌に対するレンバチニブの高い抗腫瘍効果は、日本の実臨床でも再現できていることが明らかとなった。9月18日にエーザイが主催した説明会「肝細胞癌―診断・治療の最新動向」で、近畿大学の工藤正俊氏が紹介した。

進行肝細胞癌でのレンバチニブの高い抗腫瘍効果は日本の実臨床でも再現の画像

ログインして全文を読む