RET融合遺伝子陽性進行癌を対象としたRET特異的阻害薬LOXO-292の、国内施設での治験が6月から開始されている。国際共同フェーズ2試験として実施されているもので、日本からは7施設が参加している。9月12日にノバルティス ファーマが都内で開催したメディアセミナー「肺がん治療における『ゲノム医療』の進展と課題」で、国立がん研究センター東病院の後藤功一氏が明らかにした。

RET特異的阻害薬LOXO-292の日本での治験が開始の画像

ログインして全文を読む