ドイツMerck社と米Pfizer社は9月11日、未治療の進行腎細胞癌(RCC)を対象に、抗PD-L1抗体アベルマブとアキシチニブの併用療法を行うと、スニチニブ単剤投与よりも有意に無増悪生存期間(PFS)を延長できることが明らかとなったと発表した。フェーズ3試験JAVELIN Renal 101の結果、示されたもの。免疫チェックポイント阻害薬とチチシンキナーゼ阻害薬(TKI)の併用が有効であることを示した初めての結果となる。

アベルマブとアキシチニブの併用療法がスニチニブよりも未治療進行腎細胞癌のPFSを有意に延長の画像

ログインして全文を読む