アストラゼネカは8月29日、切除不能な局所進行(ステージ3)の非小細胞肺癌(NSCLC)における根治的化学放射線療法後の維持療法の適応で、抗PD-L1抗体デュルバルマブの販売を開始したと発表した。ステージ3のNSCLCを対象に発売された日本で初めての抗PD-L1抗体となった。

抗PD-L1抗体デュルバルマブが切除不能局所進行NSCLCの根治的化学放射線療法後の維持療法で発売の画像

ログインして全文を読む