協和発酵キリンは8月21日、抗CCR4抗体モガムリズマブについて、再発または難治性の皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)への適応症の変更と用法用量の変更が承認されたと発表した。

モガムリズマブの適応症が再発または難治性の皮膚T細胞性リンパ腫に変更の画像

ログインして全文を読む