米Bristol-Myers Squibb社は8月17日、抗PD-1抗体ニボルマブについて、白金系抗癌剤と少なくとも他の1ラインの治療歴を有する進行小細胞肺癌(SCLC)への適応拡大の承認を米食品医薬品局(FDA)から獲得したと発表した。SCLCに免疫チェックポイント阻害薬が承認されたのは初めてになる。

ニボルマブが進行小細胞肺癌を対象に米国で承認の画像

ログインして全文を読む