日本婦人科腫瘍学会ガイドライン委員会は、卵巣がん治療ガイドライン2020年版の改訂に向け、CQ18(初回化学療法施行症例もしくは再発症例に対して、分子標的薬は推奨されるか?)の修正案を作成、再度、パブリックコメントを会員に求めている。7月14日に開催されたコンセンサス会議での議論とパブリックコメントの指摘を踏まえて改めて作成されたもの。8月12日までの提出を求めている。

卵巣がん治療ガイドライン改訂で分子標的薬へのパブコメを婦人科腫瘍学会が再度募集の画像

ログインして全文を読む