中外製薬は、7月からHER2陽性乳癌を対象に、トラスツズマブとペルツズマブの配合剤で皮下注製剤であるRG6264のフェーズ3試験を開始した。7月26日に都内で開催された、同社の第2四半期連結決算発表の中で公表した。

中外製薬、トラスツズマブとペルツズマブの配合剤で皮下注製剤のフェーズ3を開始、PI3K阻害薬の開発は中止の画像

ログインして全文を読む