日経メディカルのロゴ画像

pevonedistatが日本人を含むアジア人のAMLとMDSでも有用な可能性【JSMO2018】

pevonedistatが日本人を含むアジア人のAMLとMDSでも有用な可能性【JSMO2018】の画像

 NEDD8活性化酵素阻害薬pevonedistatが、日本人を含むアジア人の急性骨髄性白血病(AML)、骨髄異形成(MDS)患者でも有用な可能性が明らかとなった。東アジア人を対象としたフェーズ1/1b試験で、単剤やアザシチジンとの併用療法が、海外で行われた試験と同様の安全性プロファイルと薬物動態を示し、一部の患者で抗腫瘍効果が認められた。7月19日から21日まで神戸市で開催されている日本臨床腫瘍学会(JSMO2018)で、群馬大学の半田寛氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ