リツキシマブとアルキル化剤の両方に抵抗性となった濾胞性リンパ腫患者と診断から2年以内に増悪または再発した早期再発濾胞性リンパ腫患者に、レナリドミドとリツキシマブの導入療法と維持療法を行うことは効果があり、忍容性があることが明らかとなった。フェーズ3b試験MAGNIFYの結果から示されたもの。6月2日から6日まで米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2017)で、米Rocky Mountain Cancer Centers/US Oncology ResearchのDavid Jacob Andorsky氏によって発表された。

リツキシマブと化学療法に抵抗性の早期再発濾胞性リンパ腫にレナリドミドとリツキシマブの併用が効果【ASCO2017】の画像

ログインして全文を読む