標準治療に抵抗性のRAS野生型の進行大腸癌に対し、抗EGFR抗体パニツムマブとTAS-102の併用が有効である可能性が明らかとなった。両剤の併用を評価するフェーズ1/2試験APOLLONのフェーズ1の結果、抗腫瘍効果が確認され、忍容性も認められたもの。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されたGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2017)で関西ろうさい病院の加藤健志氏によって発表された。

標準治療抵抗性のRAS野生型進行大腸癌にパニツムマブとTAS-102の併用が有効な可能性【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む