高齢進行胃癌に対しS-1とドセタキセル併用療法による1次治療は実施可能で、効果が期待できることが、フェーズ2試験OGSG0902で明らかになった。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されているASCO 2017 Gastrointestinal Cancers Symposiumで、八尾市立病院外科の松山仁氏らが発表した。

高齢者進行胃癌にS-1とドセタキセル併用は治療選択肢の1つになる可能性【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む