全身療法で進行した進行胃癌もしくは胃食道接合部癌に対し、抗VEGFR-2抗体ラムシルマブと抗PD-1抗体ペンブロリズマブの併用療法は安全に施行でき、効果も見られることが、フェーズ1a/b試験の中間解析で明らかになった。1月19日から21日まで米国サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2017)で 、英国Royal Marsden HospitalのIan Chau氏らが発表した。

治療歴のある進行胃癌にラムシルマブとペンブロリズマブの併用は安全で有効な可能性【ASCO GI2017】の画像

ログインして全文を読む