日経メディカルのロゴ画像

治療歴がある再発・難治性多発性骨髄腫でdaratumumabのレナリドミド+デキサメタゾンへの追加は有意にPFSと奏効率を改善【ASH2016】

2016/12/06
八倉巻尚子=医学ライター
治療歴がある再発・難治性多発性骨髄腫でdaratumumabのレナリドミド+デキサメタゾンへの追加は有意にPFSと奏効率を改善【ASH2016】の画像

 1-3回の治療歴がある再発もしくは難治性多発性骨髄腫に対し、抗CD38抗体daratumumabとレナリドミド、デキサメタゾンの3剤併用療法(DRd)は、レナリドミドとデキサメタゾン併用療法(Rd)に比べて有意にPFS、奏効率が優れていることが、無作為化フェーズ3試験POLLUXのアップデート結果で明らかになった。試験には日本も参加している。12月3日から6日までサンディエゴで開催されている米国血液学会(ASH2016)で、フランスUniversity Hospital Hotel-DieuのPhilippe Moreau氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ