日経メディカルのロゴ画像

進行肝細胞癌へのソラフェニブとドキソルビシンの併用はソラフェニブ単剤投与と効果は変わらず【ASCO GI2016】

2016/01/24
横山勇生

 進行肝細胞癌に対する1次治療として、ソラフェニブとドキソルビシンの併用投与は、ソラフェニブ単剤投与に比べて全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)ともに延長できないことが明らかになった。しかも併用により副作用は強くなった。フェーズ3試験CALGB 80802の結果、示されたもの。

この記事を読んでいる人におすすめ