日経メディカルのロゴ画像

米国でブレンツキシマブ ベドチンが移植後の再発リスクが高いホジキンリンパ腫の地固め療法として正式承認

2015/08/19
八倉巻尚子=医学ライター

 米Seattle Genetics社は8月17日、ブレンツキシマブ ベドチンが、再発もしくは増悪リスクの高い古典的ホジキンリンパ腫を対象に、自家造血幹細胞移植(auto-HSCT)後の地固め療法として、米国食品医薬品局(FDA)から正式承認されたと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ