日経メディカルのロゴ画像

中リスク前立腺癌に対し短期アンドロゲン除去療法と放射線療法の併用は有用性が高い【ASCO GU2015】

2015/02/27
八倉巻尚子=医学ライター

 中リスク前立腺癌において、短期のアンドロゲン除去療法(ADT)と放射線療法との併用は、放射線療法単独よりも、生化学的再発を抑制し、無病生存期間(DFS)を改善することが、前向き多施設共同ランダム化フェーズ3試験(PCS III)で明らかになった。カナダCentre Hospitalier Universitaire de SherbrookeのAbdenour Nabid氏らが、2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ