日経メディカルのロゴ画像

治療歴数の多い進行期肺扁平上皮癌でニボルマブの奏効率は15%、フェーズ2試験の結果が発表

2014/11/04
横山勇生

 米Bristol-Myers Squibb社は、10月30日、少なくとも2回以上の治療歴を有し、その後進行が認められた進行期肺扁平上皮癌患者を対象に行われた、抗PD-1抗体製剤ニボルマブのオープンラベル単群フェーズ2試験であるCheckMate-063試験の結果、主要評価項目である客観的奏効率は15%となったことを発表した。10月31日に開催された2014 Chicago Multidisciplinary Symposium on Thoracic Oncologyで発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ