日経メディカルのロゴ画像

進行大腸癌でベバシズマブとセツキシマブを比較したフェーズ3CALGB試験で、化学療法と手術で1割以上が癌の見えない状態に【ESMO2014】

2014/10/01
横山勇生

 KRAS野生型の転移を有する大腸癌のファーストライン治療として、化学療法+ベバシズマブと化学療法+セツキシマブを比較したフェーズ3のCALGB/SWOG80405試験に登録されたKRAS野生型患者1137人のうち、化学療法と手術によって132人が癌の見えない状態であるNED(No evidence of disease)に到達したことが明らかとなった。CALGB/SWOG80405試験のサブ解析の結果示されたもの。NEDとなった患者の多くは再発したものの、全生存期間(OS)中央値は60カ月となった。9月26日から30日までスペインマドリードで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、米University of CaliforniaのA.Venook氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ