日経メディカルのロゴ画像

高リスク非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対しアンドロゲン受容体阻害薬ODM-201のフェーズ3試験が開始

2014/09/17
八倉巻尚子=医学ライター

 Bayer社は9月16日、Bayer HealthCare社とフィンランドのOrion社が、前立腺癌患者を対象に、経口アンドロゲン受容体阻害薬ODM-201のフェーズ3試験において、患者登録を開始していると発表した。ARAMISと呼ばれるこの試験で、転移リスクが高い非転移性の去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)男性を対象に、無転移生存期間(MFS)におけるODM-201の効果を評価する。

この記事を読んでいる人におすすめ