日経メディカルのロゴ画像

lenvatinibが放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺癌を対象のフェーズ3でPFSを有意に延長、主要評価項目達成

2014/02/04
横山勇生

 エーザイは2月3日、新規選択的チロシンキナーゼ阻害剤lenvatinibが、放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺癌(RR-DTC)を対象としたフェーズ3試験(303試験、SELECT試験)で、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)について、統計学的に有意に延長したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ