日経メディカルのロゴ画像

トレンド●乳がん
日本の乳がん診療にも多重遺伝子検査が必要
米Genomic Health社CSO、Steven Shak氏に聞く

2016/09/27
小崎丈太郎=Cancer Review

 日本のがん診療が欧米先進国から明らかに立ち遅れているものに多重遺伝子検査の利用が挙げられる。オンコタイプDXTMを開発した米Genomic Health社の最高科学責任者(Chief Scientific Officer:CSO)であるSteven Shak氏が倉敷市で開催された「第17回乳癌最新情報カンファランス」に出席するため来日した。同氏にオンコタイプDXTMの可能性と意義を聞いた。

この記事を読んでいる人におすすめ