日経メディカルのロゴ画像

私の語学修業(2015年12月20日号)
まず日常的に論理的に話す習慣をつくる
昭和大学医学部腫瘍内科教授 佐々木康綱氏

2016/01/15

海外の学会に行き英語で討論する、日本に住むあるいは日本を訪れる外国人にその国の言葉で診療する―。医師にとって、英語を筆頭に外国語を必要とする場面は多い。がん医療界のオピニオンリーダーたちはどのように外国語と付き合っているのか、今号から連載で紹介する。第1回は昭和大学教授の佐々木氏に登場してもらった。(編集部)


この記事を読んでいる人におすすめ