日経メディカルのロゴ画像

FirstAuthorに聞く《4》
ランダム化第2相試験とRECOURSE試験
転移性大腸がんに対するTAS-102の有効性・安全性を検証した第2相/国際第3相試験

2015/10/15
著者:吉野孝之 氏(国立がん研究センター東病院 消化管内科長) 聞き手:西條長宏 氏(特定非営利活動法人日本臨床腫瘍学会・特別顧問)
ランダム化第2相試験とRECOURSE試験の画像

 国内で開発されたTAS-102(一般名:トリフルリジン・チピラシル塩酸塩)の進行・再発の結腸・直腸がん患者を対象とした国際共同臨床第3相試験(試験名:RECOURSE)の結果がNewEngland Journal of Medicine誌に発表となった。

この記事を読んでいる人におすすめ