日経メディカルのロゴ画像

ルポ・がん医療の現場(2014年9月20日号より)
心の叫びを臨床試験に託す 皮膚障害管理プログラムDデコップeCoPの誕生
国立がん研究センター東病院/日本頭頸部がん支持療法研究会

2014/09/20
小崎丈太郎=日経メディカルCancer Review

6月で第8回を数える日本頭頸部がん支持療法研究会の風景。化学放射線療法が成果を上げるためには、看護師の手技向上が欠かせないが、全田氏が独自の臨床研究で確認した管理方法を全国に広げるための場として、全田氏自身が中心になって発足させた。(写真◎清水真帆呂)

 本当だろうか―。日常診療の中で、教科書に書かれている事柄を疑った経験はないだろうか。ふと芽生えた疑問こそが、新しい医療を構築する契機になるかもしれない。でもその疑問を晴らすためにはどうすれば良いのか。医療を構造的に変えることを目的に臨床試験を組み、その目的を達成してきた人々がいる。国立がん研究センター東病院放射線科の医師と看護師のチームがそれだ。


この記事を読んでいる人におすすめ