日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎プライマリ・ケア医向けの実践ガイドラインを初発行
喘息の診断的治療を認め治療フローを明確化
日本喘息学会ガイドライン作成委員会委員長の相良博典氏に聞く

 今年7月、日本喘息学会はプライマリ・ケア医が喘息診療で活用できることを狙った初の『喘息診療実践ガイドライン2021』を発行した。診療の進め方をシンプルなアルゴリズムで示し、専門医紹介のタイミングも明示する。同ガイドラインの作成委員会委員長を務めた昭和大学内科学講座呼吸器・アレルギー内科学教授の相良博典氏に、同ガイドラインのポイントを聞いた(文中敬称略)


この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ