日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎受診控え時期の検査結果見逃しが判明したら
検査結果の確認遅れを訴訟に発展させないために
仁邦法律事務所所長の桑原博道氏に聞く

 新型コロナウイルス感染拡大期の受診控えの影響で検査結果の確認が遅れ、疾患を見落としていたことが判明したら──。そうした事態をこじらせ、訴訟などに発展させないために、患者や家族に対してどのような対応を取るべきなのだろうか。また、日ごろの診療でどのような点に気を付ければ、検査結果の確認遅れやそれに伴うトラブルを予防できるのか。医療機関側の代理人として多くの医療訴訟に関わってきた弁護士の桑原博道氏(仁邦法律事務所[東京都港区]所長)に聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ