日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎CureAppの治療用アプリ、2例目の薬事承認が了承
世界初の高血圧治療用アプリが承認へ

 2022年3月9日に開催された厚生労働省薬事・食品衛生審議会プログラム医療機器調査会において、CureApp(東京都中央区)が開発した高血圧治療用アプリCureApp HT高血圧治療アプリ」の薬事承認が了承された。今後、「成人の本態性高血圧症の治療補助」を適応として、正式に薬事承認される見通し。高血圧を対象とする治療用アプリとしては世界初の実用化となる。

 CureAppが自治医科大学の苅尾七臣氏(自治医科大学内科学講座循環器内科学部門教授)らと共同開発した高血圧治療用アプリは、患者がスマートフォンなどを用い、医師から処方されたコードを入力することで使用できるようになる。アプリはBluetoothを介してIoT血圧計と接続し、自宅で測定した血圧を記録するとともに、患者自身も食事や運動などに関する生活習慣ログを入力する。

 アプリはこうしたデータを基に、患者ごとに個別化された治療ガイダンスとして、食事、運動、睡眠などに関する知識や行動改善を働きかける情報などを表示する(図1)。これにより患者の行動変容を促し、生活習慣の修正を行うことで降圧効果を得るとしている。医師側のアプリでは、記録された血圧や生活習慣の改善状況が確認でき、来院時の患者への指導に役立てられる。

図1 CureAppの高血圧治療用アプリの画面イメージ(提供:CureApp)

連載の紹介

シリーズ◎実用化始まるデジタルセラピューティクス(DTx)
アプリやウェアラブルデバイスなど、デジタル機器を活用して疾患を治療する「デジタルセラピューティクス(DTx)」がいよいよ実用化の段階に。DTxが可能にする次世代の医療の姿を追います。

この記事を読んでいる人におすすめ