日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎2022診療報酬改定
データ提出を外来、在宅、リハビリにも拡大か
診療側は医療現場の負担、電子カルテの導入等を考慮した慎重な議論を要望

 厚生労働省は2021年11月26日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催して2022年度診療報酬改定に向け、「個別事項(その6)」としてデータ提出加算、診療報酬明細書、自殺対策について議論した。厚労省が提示した論点は、(1)外来、在宅、リハビリテーションに関するデータ提出、(2)医薬品のレセプト請求に関する選択式コメント記載コードの設定、(3)レセプト審査のための検査データの提出、(4)自殺予防を行っている医療機関の評価──の4点。

この記事を読んでいる人におすすめ