日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎2022診療報酬改定
退院当日の訪問看護を認め不合理是正へ
訪問看護ステーションの24時間対応体制加算、要件緩和に反対論も

 厚生労働省中央社会保険医療協議会は2021年11月26日に総会を開催し、2022年度診療報酬改定に向けて訪問看護の評価の在り方について議論した。厚労省は、「有事に備えた提供体制の整備」「在宅での看取りを支える提供体制の整備」「機能強化型訪問看護ステーションにおける役割の強化」「利用者の状態に応じた訪問看護の充実」の切り口で現状を紹介し、併せて7項目の論点を挙げた(表1)。

表1 厚生労働省が提示した訪問看護の論点
※クリックで拡大します。
(出典:第500回中央社会保険医療協議会・総会資料)

この記事を読んでいる人におすすめ