日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎独自色ある手術支援ロボットを開発中のリバーフィールド
手元に「力覚」を伝える空気圧駆動手術ロボット
リバーフィールド取締役会長の川嶋健嗣氏に聞く

 東京医科歯科大学・東京工業大学発のベンチャー企業であるリバーフィールド(東京都新宿区)は、世界初となる空気圧駆動の手術支援ロボットSaroa」の開発を進めており、2022年度の発売を目指している。同社の創業者で取締役会長を務める川嶋健嗣氏に、既存のロボットと比較したSaroaの強みや実用化に向けた展望について聞いた(文中敬称略)。


連載の紹介

シリーズ◎新時代の外科手術
手術支援ロボットの登場や術式の低侵襲化、デバイスや手術室の進化により、外科手術の現場は大きく変化しつつあります。テクノロジーが可能にする「外科手術の未来」。その最先端をご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ