日経メディカルのロゴ画像

リポート◎「軟性内視鏡」型の国産手術支援ロボットが開発中
柔軟に曲がり体深部へ進む軟性内視鏡ロボット

 体表部に開けた小さな穴や、肛門、口腔から挿入し、クネクネと曲がりながら体内を進む、軟性内視鏡型の手術支援ロボットの開発が国内で進められている。侵襲を最低限にしながら、既存の手術支援ロボットでは到達が難しい体深部での繊細な手技を可能にすることが期待されている。


連載の紹介

シリーズ◎新時代の外科手術
手術支援ロボットの登場や術式の低侵襲化、デバイスや手術室の進化により、外科手術の現場は大きく変化しつつあります。テクノロジーが可能にする「外科手術の未来」。その最先端をご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ