日経メディカルのロゴ画像

日本内視鏡外科学会理事長・渡邊昌彦氏に聞く
「ロボットが身近な時代」の外科医の働き方

 2020年度診療報酬改定では、ロボット支援手術が保険適用となる手術の対象として新たに7術式が追加。「da Vinciサージカルシステム」(ダビンチ)に続く次世代の手術支援ロボットも登場し、外科医を取り巻く環境に変化の兆しが見えてきた。ロボットが身近にある近未来の外科医の働き方について、日本内視鏡外科学会理事長の渡邊昌彦氏に聞いた。(インタビューは2020年8月24日)


連載の紹介

シリーズ◎新時代の外科手術
手術支援ロボットの登場や術式の低侵襲化、デバイスや手術室の進化により、外科手術の現場は大きく変化しつつあります。テクノロジーが可能にする「外科手術の未来」。その最先端をご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ