日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎ロボットが変える外科手術の未来
ロボットは外科医育成と手術均てん化の鍵になる

 手術支援ロボット外科医療をどう変えるのか──。消化器外科領域のロボット支援手術の第一人者である袴田健一氏(弘前大学大学院医学研究科消化器外科学教授)は、ロボットを活用した外科医育成や、遠隔手術の実現に向けた産官学合同のプロジェクトを推進している。同氏に、ロボットが威力を発揮する外科手術の特徴や、ロボットによって実現する外科医療の未来像について聞いた(文中敬称略)。


連載の紹介

シリーズ◎新時代の外科手術
手術支援ロボットの登場や術式の低侵襲化、デバイスや手術室の進化により、外科手術の現場は大きく変化しつつあります。テクノロジーが可能にする「外科手術の未来」。その最先端をご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ