日経メディカルのロゴ画像

リポート◎有効性や安全性はどうなっている?
9価HPVワクチン、6つの疑問に答えます

 2020年7月に、承認審査から5年もの歳月を経て承認された9価HPVワクチン。わが国においても子宮頸癌の原因の90%以上をカバーできると期待されているが、現時点では定期接種となっておらず、自費での接種となる。では、現時点で9価ワクチンについて患者に質問されたら、どう答えたらいいのだろうか、専門家に話を聞いた。


連載の紹介

シリーズ◎どうなるHPVワクチン
近年、罹患数が増加傾向にある子宮頸癌。国内では2種類のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンが定期接種の対象となっていますが、新たに9価のワクチンが承認されることになりました。HPVワクチンの今後の動向を追います。

この記事を読んでいる人におすすめ