日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎医薬品ナノ化技術による点眼インスリンの可能性
ナノ粒子化でインスリンが点眼薬に?

近畿大学薬学部医療薬学科准教授の長井紀章氏

 インスリンをナノ粒子にすることで、結膜上皮からの吸収が可能になり、点眼による投与でも血糖降下作用を期待できる──。「点眼インスリン」という驚きの剤形について報告したのは近畿大学薬学部医療薬学科准教授の長井紀章氏らのグループだ(Deguchi S, et al. Pharmaceutics. 2021;13:375.)。

 注射薬が主となるインスリンだが、患者負担を軽減するために吸入薬や経口薬など様々な剤形の開発が試みられている。点眼薬もそのうちの一つ。過去にもイヌやネコを対象としてインスリンの点眼投与について検討されたことがある。しかし、親水性の高分子であるインスリンは粘膜から吸収されにくく、特に眼から投与した場合にはすぐに鼻涙管を通って喉に落ちてしまうため、血糖をコントロールできるほどの量を送達することができなかった。

連載の紹介

シリーズ◎糖尿病診療の最新動向
適切な血糖コントロールが必要な糖尿病。持続血糖測定の適応が広がり、より緻密な血糖管理が可能になってきました。薬物治療も大きく進歩し、新たな知見が次々と発表されています。進化する糖尿病診療のトレンドを紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ