日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第81回米国糖尿病学会学術集会(ADA2021)
GLP-1とGIPの共作動薬、第3相試験の結果は?
チルゼパチドに関する一連のSURPASS試験の成績を報告

SURPASS-2試験の治験責任医師を務め、シンポジウムにも登壇した米National Research InstituteのJuan Frias氏。

 グルカゴン様ペプチド1(GLP-1)とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)との共受容体作動薬チルゼパチドtirzepatide)についてのシンポジウムが、オンライン上で行われた第81回米国糖尿病学会学術集会(ADA2021、会期:6月25日~29日)で開催され、2型糖尿病患者を対象とした4つの第3相試験の結果が報告された。

 食事の摂取に応じて消化管から分泌され、グルコース依存的なインスリン分泌を促進するインクレチン。GLP-1とGIPの2種類が知られており、GLP-1は2型糖尿病治療のためのターゲットとして広く研究され、現在国内では5種類のGLP-1受容体作動薬が臨床使用されている。GIPの薬理作用については不明な点も多いが、食物摂取量を減少させエネルギー消費を増加させることが分かっており、GLP-1受容体作動薬の効果を補完すると考えられている。

連載の紹介

シリーズ◎糖尿病診療の最新動向
適切な血糖コントロールが必要な糖尿病。持続血糖測定の適応が広がり、より緻密な血糖管理が可能になってきました。薬物治療も大きく進歩し、新たな知見が次々と発表されています。進化する糖尿病診療のトレンドを紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ