日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第80回米国糖尿病学会学術集会(ADA2020)
メトホルミンが便中への糖の排出を促進
PET-MRIにより集積部位の詳細な検討が可能に

 ビグアナイド(BG)薬であるメトホルミンによって便中への糖の排出が促進されることが、生体イメージング研究から明らかとなった。神戸大学医学部附属病院の坂口一彦氏らが、ウェブサイト上で開催された第80回米国糖尿病学会(ADA2020、6月12~16日)で、メトホルミンによる血糖降下の新たな作用メカニズムとして報告した。

 経口血糖降下薬として古くから2型糖尿病治療に用いられているメトホルミン。詳しい作用メカニズムについては不明な点もあるが、肝臓での糖新生抑制、筋肉・脂肪組織での糖の取り込み促進、小腸における糖吸収抑制といった複数の作用により血糖値を改善することが知られている。これまでにPET-CTを用いた研究から、メトホルミンにより糖が腸管に集積することが報告されていたが、詳細な集積部位は明らかになっていなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ