日経メディカルのロゴ画像

第80回米国糖尿病学会学術集会(ADA2020)
利き手で箸を持たない食事で食後高血糖が改善

 利き手と反対の手で箸を持つ食事により食後高血糖の改善が期待できることを、佐久市立国保浅間総合病院の西森栄太氏らが第80回米国糖尿病学会学術集会(ADA2020、会期:6月12~16日、ウェブサイト上で開催)で報告した。

 糖尿病では食後高血糖の改善が求められる。時間をかけて食事することで食後高血糖の改善が期待できるが、習慣化させることが思いの外難しく、日常生活に取り入れやすいシンプルな指導法が模索されていた。

この記事を読んでいる人におすすめ