日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第57回日本肝臓学会総会
肝疾患由来のサルコペニア診断、指輪っか法はCTと同等の精度

 肝疾患が引き起こすサルコペニアは、特殊な機器がなくても簡便に評価可能になりそうだ──。6月17日から18日にかけて札幌市で開催された第57回日本肝臓学会総会で、兵庫医科大学消化器内科の楊和典氏は、パネルディスカッション「肝疾患におけるサルコペニアの診断と治療」で、指輪っか法による肝疾患患者のサルコペニア診断の有用性について講演した。

連載の紹介

シリーズ◎NAFLD/NASH診療最前線
診療ガイドラインの改訂が進み、新たな診断法・治療薬の開発が進行中のNAFLD/NASH。非専門医の積極的な参与が求められる中、非専門医によるフォロー方法、専門医へ紹介する基準から診断・治療に関する最新情報まで幅広くお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ