日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第56回日本肝臓学会総会
iPS細胞由来の完全ヒト脂肪肝モデルでNAFLDの病態解明目指す

 「iPS技術を用いたヒト脂肪肝モデルの作製が非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease:NAFLD)/非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis:NASH)の病態解明につながるかもしれない」──。8月28日から29日にかけて大阪市で開催された第56回日本肝臓学会総会で、九州大学病院別府病院外科の武石一樹氏は、シンポジウム「NAFLDの病態解明及び新規治療法の探索」で登壇し、iPS細胞由来の完全ヒト脂肪肝モデルを用いて、脂肪肝発症におけるSIRT-1の役割を検証したことを発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ